2018年度研究会

第25回研究会 バンドンセミナー2018

「アジアと日本における外国人材の雇用と定着を考える」 インドネシア人の労働と定着促進のための連携・教育研究会 in Bandung」

 主催:看護と介護の日本語教育研究会・ビジネス日本語研究会・協働実践研究会・インドネシア教育大学  

2018年9月8日9日の2日間にわたるバンドンセミナーが、無事終了いたしました。日本側から58名、インドネシア側から116名、計224名の日本語教育関係者、介護従事者、政府関係者等が集まりました。主催大学であるインドネシア教育大学の先生方を合わせると合計250名ほどになります。 東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA:Economic Research Institute for ASEAN and East Asia)および、内閣官房健康・医療戦略室をはじめ、多くの方々から充実した2日間であったという感想をいただきました。3研究会が協力し運営し、インドネシア教育大学の多大なご理解やご支援をいただくことで、このような大きな大会を実現することができました。関係者の方々には改めてお礼申し上げます。

 ビジネス日本語研究会の会員からは、ワークショップ、パネルセッション、ポスター発表があり、限られた時間ではありましたが、日本語教育の現状と課題、学習方法、学習支援、企業で働く日本語非母語話者の状況等多岐にわたる内容が共有されました。

日本社会では今後ますます外国人の雇用が強化されることになりました。アジアの関係者と連携をさらに深め、今ある課題に取り組むことが重要となります。